Med Tech

皆それぞれにとって価値のある
ヘルスケアの実現を通じて、
自分らしく生きられる世界を
目指します。

目指す世界

提供サービス・プロダクト

中長期の治療アウトカム向上

ICT/AIを活用した個々人の疾患リスクの早期検知と重症化予防のために取り組んでいます。現場とユーザに寄り添いながら、データとAI、専門知識の融合によるサービス・アプリを開発・提供します。

  1. 人の動作・姿勢解析による健康・疾患リスクアセスメントサービス・アプリ

    独自の深層学習エンジンを活用した人の動作解析や抽出した骨格(身体部位)情報と、専門家の知識と組み合わせることで、それぞれの人の健康・疾患リスクのアセスメントを行うサービスを提供します。アカデミックや製薬企業・医療機器メーカーとのコラボレーションを行っております​。
  2. メンタルヘルス支援サービス(開発中)

  3. マルチモーダルAI開発

    動画像に限らず、構造化データやセンサデータ等の多様なデータセットの組合せ(マルチモーダル)によるAI開発を行います。

ー 特長

  1. データ取得・処理や専門知識との融合に関するノウハウ
    AIを現場で利活用する際に重要な位置を占める、様々なデータ前処理に関するノウハウ、専門知識とAIの融合に関する豊富な経験を持ち、最先端の深層学習技術の実装に対応します。
  2. 事業開発・サービス開発の協業
    製薬企業や医療機器メーカーにおける「モノからコトへ」の潮流に合わせ、診療支援サービスの構築・高度化に関する協業やサポートを実施。自社開発のアプリ・サービスの提供・連携を行います。
  3. 現場実装に向けたハードやアプリの環境設定までサポート
    精度の高いAI開発に加え、実装時の活用環境を見据えハード面(カメラ等)やアプリの環境設定に関するサポートも行います。
お問い合わせはこちらから

研究開発イノベーション

深層学習技術の応用による製薬企業・医療機器メーカーの研究開発の支援により、アンメットメディカルニーズを充足する治療法の創出と進化のために取り組んでいます。

  1. 創薬AI
    創薬に関する知識・開発経験の豊富なAIエンジニアとともに、現場での利活用を目的とした創薬支援サービスを提供します。
    活用可能なデータの量や質、ターゲットクラス、既存ツール、組織体制と業務プロセス等の現状を踏まえた創薬AIの現場利活用をフルサポートを目指し、共同研究型のプロジェクト組成に加えて、AI機能を実装したソフトウェア・アプリケーションの開発・提供も行います。
  2. 細胞画像の解析・分類
    深層学習を活用した細胞画像の解析・分類を行います。当社独自の前処理ノウハウの活用や現場研究者とのデータ整備の連携等により、高精度の実現を支援します。

ー 特長

  1. 最先端技術の実装
    深層学習等の最先端手法を含む各種技術の性質・特性を踏まえたAIの開発・実装サービスを提供。
  2. 現場利活用のための探索的解析・ノウハウ構築サポート
    活用可能なデータやケミカルスペース、ターゲットクラス、研究方針に応じて、各社にとって最適な技術活用のための解析やノウハウ構築をサポート。
  3. リサーチから組織浸透までトータルサポート
    各種リサーチ、データ前処理、モデル実装やアプリ/ツール提供、組織浸透のためのAI活用人材の育成までのフルサポートによるワンストップサービスを提供。

専門家のエンパワーメント

医療従事者が患者・家族に与える価値の最大化のために取り組んでいます。

  • ― 心臓狭搾の診断支援システムの開発

    DeepLearningを活用し、MRI/CT画像判定精度の向上および診断時間を短縮

  • ― 癌患者の検査値シュミレーションの研究

    癌患者の検査値が時系列でどのように変化するのかを予測
    投薬の種類・量・タイミングにより、検査値が時系列的にどのように変化するのかを予測

  1. 医療用画像解析による医師の診断支援

    MRI/CT等の医療用画像における臓器や疾患の領域抽出を行い、医師による診断業務の効率化を目指します。
  2. 投薬データ解析による検査値の時系列予測

    薬剤の種類や投薬量、タイミングにより、検査値がどのように変化するかを予測します。投薬のエビデンス構築と意思決定をサポートします。
  3. 診療支援アプリ・PHR

    患者の生活行動を記録・可視化・解析するアプリの開発により、医師による診療の効率化・質の向上、患者との関係性強化を支援します。

主な取り組み

    創薬研究におけるAI活用支援

    化合物とたんぱく質との相互作用のマルチモーダル・マルチタスク予測、化合物設計を支援する化合物構造の要因可視化、新しい化合物の自動提案・生成などの各種モジュール機能を組合せ、現場での利活用を目的としたアプリケーションを開発。

    AIを利活用した「データ駆動型創薬」の実現​

    創薬知識を有するエンジニアと創薬研究者との共同プロジェクトを始動。第一三共での実運用を見据え、研究者によるAI解析結果に対するフィードバックを取り入れながら、精度検証に留まらない多角的な視点でのAI実装をサポート。​

    • Industrial Partners

    健康・疾患リスクアセスメント及び診療・予後支援

    医療現場や日常ケアにおける、機械学習・深層学習の利活用と社会実装に取り組んでいます。
    動作・姿勢、日々の活動等の生活データ解析による健康・疾患リスクのアセスメントサービスの提供や、細胞・医療用画像の解析を通じた専門家による意思決定の支援を行います。

サポートWizards

  • 大阪大学 理事・副学長

    八木 康史

  • 京都大学 大学院
    医学研究科 人間健康化学系専攻 教授

    奥野 恭史

  • 産業医科大学 産業生態科学研究所
    産業保険経営学研究室 講師

    永田 智久

お問い合わせはこちらから