exaBase 1on1

8/25より名称が「HR君 1on1」から「exaBase 1on1」に変更となりました。
1on1を客観的に可視化し、
エンゲージメントを向上させる
AIを利用した動画解析によりフィードバックを行い、1on1の質を改善。
社員のエンゲージメント向上に貢献します。
※ 対応ブラウザはChrome / Edge / Safariとなります。

exaBase 1on1が解決する課題

リモートワークの
コミュニケーション不全

リモートワーク下でのコミュニケーション減少により、マネジメントにおける問題が発生している。

自分の1on1に自信がない

​実際に実施している1on1が効果的なのかどうかが分からない。自分の行う1on1にフィードバックが欲しい。

1on1のブラックボックス化

組織として1on1を導入しているが、実態の把握ができていない。そのため、改善施策を進めるのが難しい。

exaBase 1on1の3つの特徴

対話、フィードバック、アクションを繰り返し1on1の質を向上させます。

  • 1on1の動画・音声情報を
    客観的に解析しフィードバックを実施

    人が聞くことなく、AIを活用した解析により客観的な1on1へのフィードバックを受けられます。他人から指摘されにくく、自分が認識していない発言の割合、表情などを知ることで新たな気づきが得られます。

  • 効果的な1on1の
    改善サイクルが可能

    レポートを見た後、気づきだけで終わらせず、次の1on1で実施するアクションをワークシートで明確化。記入したアクションはいつでも参照でき、1on1改善サイクルをまわすことができます。

  • 組織としてデータドリブンに
    1on1施策を推進

    これまで曖昧だった1on1の質を定量化することで、タレントマネジメントのパラメタとして扱うことが可能となり、組織開発に活かすことができます。

    ※ 録画や録音データは、システムが処理を行い、人が内容を見聞きすることはありません。

exaBase 1on1は
対話、フィードバック、アクションを
繰り返し1on1の質を向上させます。

全員のコミュニケーションレベルを1割ずつアップさせて、
お互いの成長を支援できるようなチームの実現をサポートします。

exaBase 1on1の使い方

exaBase 1on1は対話、フィードバック、アクションを繰り返し1on1の質を向上させます。

  • 01
    STEP

    1on1の事前準備

    1on1の実施前に事前シートの回答を行います。シートを記入することで、メンバーは話すテーマを準備でき、リーダーはメンバーの話したいと思っていること把握することができます。

  • 02
    STEP

    1on1の実施

    exaBase 1on1のブラウザによるWeb通話機能にて1on1を実施します。既に1on1解析レポートの閲覧済みの方は前回決めたアクションを実践してください。

  • 03
    STEP

    1on1の動画をアップロード

    1on1終了後に、1on1事後アンケートの回答を行います。アンケートと動画解析を組み合わせることにより、あなたの1on1の可視化します。

  • 04
    STEP

    1on1解析レポートの閲覧 & 振り返り

    アップロードの数時間後に解析レポート作成完了の通知が届きます。解析レポートを閲覧した後、今回の1on1を振り返り、次に実践するアクションをワークシートを通して明確にします。

管理職のリモート1on1スキル向上の
ためのプログラムも一緒に提供しています。

  • リモートワークにおける管理職の1on1スキルを高めたい
  • インプット学習だけでなくフィードバックを受けて行動を変えたい
  • 1on1の基本的なスキル(傾聴・質問・時間の使い方)を学びたい

exaBase 1on1の導入事例

  • 日本たばこ産業株式会社

    人事部 関水 輝真氏・山岡 彩香氏

    上司・部下コミュニケーション支援策のひとつとしてトライアルを行いました。
    特に上司は「自分は部下の話をきちんと聞けている/部下の望む1on1を実現できている」と思いがちですが、自らの振る舞いや発言量がデータとして可視化されることにより、自分自身を客観的に見つめなおすことで、改善に向けた示唆を得ることができたようです。今後も各部署のニーズに応じて活用していきたいと考えています。
  • 大日本住友製薬株式会社

    人事部 増田修一氏

    人財が競争力の源泉である企業にとって社員の成長は重要な課題であります。
    エクサウィザーズ社が提供する1on1動画解析システムでは、上司は具体的な気づきを得ることができ、上司部下ともに能力開発の機会につながると考えました。
    これにより社員の育成スピードが加速され、競争力を高めることで持続的な成長を実現できると考えております。

よくあるご質問

  • 料金はいくらですか?

    お客様に最適なプランをご提案させていただきますので、詳しくはお問い合わせください。

  • システム利用以外に研修は実施していますか?

    はい。有料で、Web会議で1on1のスキル研修を行っております。管理職のリモート1on1スキル向上のためのプログラムです。参加者はexaBase 1on1の測定結果を参照し自身の改善ポイントを明確にした上で、聞くスキル・質問スキルのような基本スキルを習得します。

事業責任者

  • 事業開発責任者:番匠 武蔵

    事業開発責任者:番匠 武蔵

    エクサウィザーズ 1on1支援プロダクト責任者。国際コーチ連盟プロフェッショナルコーチ。京都大学情報学研究科修士課程修了。​野村総合研究所を経て、コーチ・エィに入社。​12年間、上場企業の取締役や管理職に対しての1対1でのコーチングを実施。​また、神戸大学MBAにて非常勤講師として8年間コーチングの講義を担当した。共著書に「コーチングの基本」日本実業出版がある。

exaBase 1on1は
対話、フィードバック、アクションを
繰り返し1on1の質を向上させます。

全員のコミュニケーションレベルを1割ずつアップさせて、
お互いの成長を支援できるようなチームの実現をサポートします。