TEAM

浅谷 学嗣

自ら作り上げた人工知能が
実際の現場で人の役にたち、
社会に大きな影響を与えられる

執行役員 浅谷 学嗣
大阪大学大学院修士課程修了。人工知能を独学で習得し、Deep Learningを用いた筋骨格モデリング・DNA解析・動画像解析・ロボット制御など様々な研究を行う。 2015年12月には人工知能研究会(現AIR)の立ち上げを行い、現在も幹事として活動。大阪大学大学院在学中に2016年6月株式会社エクサインテリジェンスに参画し、後にCTO就任。2017年10月より現職。
今までの経歴と入社理由は?

大阪大学在学中は、生物学を専攻していましたが「人間の知性とは何か」という疑問を持つようになり、研究分野を変更して人工知能の研究を始めました。研究を始めたときはプログラミングも未経験だったので、関連する論文を読み、C言語やPythonの勉強を繰り返す毎日でした。それからM1(修士1年)の時に人工知能研究会を友人と2人で立ち上げるに至り、人工知能に関する講演会を続ける中で古屋さん(取締役フェロー)に出会いました。自分の価値を最初に認めてくれた企業に入社しようと心に決めていたため、そのまま入社を決めました。

印象に残っているプロジェクトは?

浅谷 学嗣

一番印象に残っているプロジェクトは、国際ロボット展にも展示したマルチモーダルAIロボットプロジェクトです。早稲田大学の尾形先生の論文をもとに、デンソーウェーブ社とベッコフオートメーション社と共同開発したもので、タオルを畳んだり、サラダを盛りつけたりと、状況に応じて様々な行動ができるロボット開発を目的としたものでした。産業用ロボットを扱った事が無かった私にとっては初めての事ばかりで、実装は非常に苦労しました。シミュレーションでは上手く動いていても実環境で動かすと失敗したり、全データを取り直す事になったりと大変でしたが、人工知能を実際に現場で動かす事の大切さを学ぶ事ができたプロジェクトになりました。オープンイノベーションであそこまで力を入れられたことには正直驚きましたが、私が作った人工知能で動くロボットはまるで自分の分身のようで、国内外の様々なメディアで取り上げてもらえるのは本当に光栄なことです。

得意分野は?

エクサウィザーズには画像解析が得意な人、構造化データの分析が得意な人など様々なエンジニアがいます。その中で私は、ディープラーニングを用いた画像・動画解析や、マルチモーダル予測が得意です。画像解析では、製品製造過程における不良品検査技術や細胞画像の認識を行い、動画解析ではスポーツ動画の人物動作解析や、車載動画の車両認識を行いました。マルチモーダル予測では、画像や音声などの複数種の情報を同時に扱い、ロボットの制御等に活かしていました。

エクサウィザーズで働く魅力は?

一つは、自ら作った人工知能が実際の現場で使われ、人の役に立ち、社会に影響を与えられることです。特に、エクサウィザーズは春田さん(代表取締役会長)や石山さん(代表取締役社長)をはじめとしてビジネスサイドが非常に強力なので、与えられる影響の範囲が大きくやり甲斐があります。
もう一つは今のメンバーと一緒に働けていることです。高い目標を持ったエンジニアたちと勉強会や共有会を毎週実施しているため、人工知能への理解が深まり、プログラミングスキルが上がっていくのを感じられます。また、ビジネスパーソンとしての成長も促してくれる粟生さん(取締役)のような存在がいる事も有難いですし、それに応えたいとも強く思っています。

その他メンバーインタビュー