デジタルスキル標準完全準拠

実務で活躍する DX人材を育てる
DX人材育成プラットフォーム

Udemy Businessとも連携!
導入社数
1,500
受検者数
200,000
DATA SCIENCE AWARD 2019 最優秀賞 エクサウィザーズ
HR Award 2018 日本の人事部
2023 HR TECHNOLOGY AWARDS

こんなお悩みありませんか?

社内のID・DXスキルが低くて
底上げをしなきゃいけないけど…
そもそも何を
学習させたらいいのか
わからない
過去にe-ラーニングの
サービスを導入したけど…
社員の継続率が低い
実際に役立つスキルか
わからない
社員それぞれのスキルを
測りたいけど人数が多くて…
社員のスキル測定が難しい
社員に合う学習内容が
わからない

exaBase DXアセスメントラーニングは
上記課題をワンストップで解決できる
DX人材育成プラットフォームです

人材育成に必要な
5つのステップ
理想のDX人材を育成できる!

DX人材の育成
5つのステップ

DX人材の育成は「スキルとマインド・スタンスの視える化」「人材育成計画の策定」「座学育成」「伴走支援による実践準備」「OJTを通じた実践力強化」の5つが重要DX:「Step1 スキルとマインド・スタンスの視える化」「Step2 人材育成計画の策定」「Step3 座学育成」「Step4 伴走支援による実践力準備」「Step5 OJTを通じた実践力強化」

exaBase DXアセスメント&ラーニングの3つの特徴

1 デジタルスキル標準に完全準拠したデジタルイノベーターアセスメント「DIA3.0」

デジタルスキル標準のマインド・スタンス・スキルの評価項目を網羅

経済産業省と情報処理推進機構が策定した「デジタルスキル標準」に完全準拠することで、「全社員のDXリテラシーやマインド・スタンス」から「DXを推進する人材の各種スキル」までを網羅的に可視化します。
それにより、受検者および組織全体の強み・弱みを明確にし、次の成長方針を提案します。

1,500社以上が採用した独自アルゴリズム採用の高精度アセスメント

受検者の実力に合わせて次に出題する設問が変動する適応型のモデルにより、少ない設問数で受検者の能力を精緻に測定することが可能です。
DIA1.0のリリース以降、累計1,500社200,000人以上が受験したデータを参考にしているため精度も向上を続けています。

2 人材要件の定義と育成計画策定もご支援

DIAの結果を基に高精度な人材要件を定義

DX人材育成には人材要件(ゴール)の策定が欠かせません。

DIAの結果を基にクイックに人材要件定義を実現します。また、DIAの結果に加え、個社の状況・要望も考慮して、個社独自のDX人材の要件定義もご支援いたします。

育成計画の策定支援

DIAの結果(現状)と人材要件(ゴール)の策定ができたら、そのギャップを埋めるための育成計画も重要です。

どのくらいの期間で、どのスキルを持った、どのレベルの人材を、何人、どのようなコンテンツで育成するのかをご支援いたします。

3 個人に最適化された育成プログラムの提供

DXリテラシーコース

「DXはまだまだこれから。全社員のDXリテラシーを底上げしたい」という方は「DXリテラシーコース」。

年3回のDIA受検と、DXマインド醸成コンテンツとDXリテラシー獲得コンテンツが見放題のeラーニング環境をご提供します。

全社員に導入いただくことで、組織の現状可視化、全社レベルのリテラシーの底上げ、ポテンシャル人材の発掘、DX人材の選抜が可能になります。

DXパーソナライズプログラム with Udemy Business

専門人材のスキル向上にはUdemy Business。

DIA3.0の結果に基づき、個人に最適化された講座がUdemy Businessの12,000本以上の講座からレコメンドされることで最短で無駄なく専門人材が育ちます。

目標を明確にすることによりUdemy Businessを既に導入済みの企業様はUdemy Businessの受講率アップも望めます。
詳細はこちら:Udemy Business Webサイト

(株)ベネッセコーポレーションは、日本におけるUdemy社の独占的事業パートナーです。

伴走型支援プログラム・集合型研修

「実践スキルを身に付けたい」「マインド・文化を醸成したい」といったニーズにお答えして様々な形式の研修・育成メニューをご用意しています。

  • ビジネスアーキテクト育成コース
    「データドリブン」な判断・意思決定を実践し、リーダーとしてDXを牽引できる人材を育成する短期集中型コースです。
  • データサイエンティスト育成コース
    データサイエンスの基本的知識+演習による実践知から、ビジネスもわかるデータサイエンティストを育成するコースです。
  • 多様な集合型研修
    デザイン思考ワークショップ、エンジニアブートキャンプ、データサイエンス演習など、様々な育成メニューを取り揃えています。

導入企業

※導入企業の一例
大手メーカー、金融、人材紹介など幅広く活用いただいております

DX人材育成サービスの
活用事例はコチラ。

東京ガス株式会社
高度なDX人材の採用と、社員の育成の両立をめざす。
業種
エネルギー業
従業員数
15,963名
野村不動産投資顧問株式会社
マインドチェンジによって現場の停滞を打破
野村不動産投資顧問株式会社が実践したDX推進
業種
不動産投資運用業・投資助言代理業
従業員数
166名
阪急阪神不動産株式会社
各社員のDXスキルを把握し、学習をパーソナライズ。アイデア創出プログラムでは5つが実現に向けて進行中
業種
不動産業
従業員数
約1000名
SocioFuture株式会社
アセスメントで隠れたDX人材を発掘。基幹業務の効率化プロジェクトにアサインし軌道に乗る
業種
金融機関向けサービス
従業員数
2,303名
三菱HCキャピタル株式会社
10年後に向けた「DX人材の養成」。
アセスメントの評価軸が会社の考えとマッチ。
空き時間にサクサク進むeラーニングが決め手。
業種
リース
従業員数
8,972名
サッポロホールディングス株式会社
サッポロホールディングスが全社員4000人のeラーニングと、150人のDX人材発掘・育成に取り組む真意とは?
業種
食料品
従業員数
6,872名
パーソルテンプスタッフ株式会社
素養・スキルの可視化により、若手の抜擢・タレント活用が進み、効率的な育成施策や配属活用を実施。
業種
人材サービス業
従業員数
54,760名
株式会社 中央図研
DIAを全社受検し、DX人材の偏りを見える化。
DX人材の更なる発掘と、全社の知識の底上げに成功。
業種
機械設計業
従業員数
210名
株式会社 TSOne
エンジニアのスキル・素養を可視化。
現状を把握した上でAIなどのニーズに対応できる人材を育成。
業種
IT・ソフトウェアサービス
従業員数
127名

よくある質問

DXアセスメント&ラーニングに関する質問

DXアセスメント&ラーニングの利用料金はどのようになっていますか?

利用人数・プランによって異なります。お見積りを出させていただきますのでお問い合わせください。

無料トライアルの期間と受検人数を教えてください。

無料トライアルの期間は2週間です。1社あたり2名様までDIAの受検1回とラーニングコンテンツの受講が可能です。

オンラインでの受講は可能ですか?

全てのメニューをオンラインで受講可能ですが、ご要望に応じてオフラインでの実施も可能です。動画コンテンツについては、スマートフォンでの視聴も可能です。

DIA(デジタルイノベーターアセスメント)に関する質問

どのような人材に受けさせるべきですか?難易度も教えてください。

DX担当者だけでなく、現場部門や管理部門の方々に広く受けていただくことを想定しています。目的や状況によって「誰に受検してもらうべきか」といった相談も受け付けております。

DIAのスコアはどのように算出されているのですか?

アルゴリズムにより、受検者の能力を推定しています。
解答状況によってリアルタイムに難易度が調整されるため、どのスキルレベルの方も少ない回答数で正確にスコアを測定することができます。

DIAの英語版はありますか?

2022年1月現在は日本語のみのご提供となっております。

ラーニング(育成)コンテンツに関する質問

育成コースのメンターはどのような人が担当しているのですか?

実際にコンサルティング会社にてDXプロジェクトの推進経験のあるメンバーや、事業会社にてDX旗振り役として新規事業企画や業務改善などの経験があるメンバーをアサインしております。

その他

具体的なDX案件、AI開発の相談はできますか?

可能です。人材育成だけでなく、DX/AIの利活用に関するご相談を承っております。

料金表ダウンロード&
無料トライアルはこちら

※導入企業の一例

お電話でのお問い合わせは
こちらまでお願いします。

03-6453-0510