2020.10.13 お知らせ

Be Smart KOBEプロジェクトにて「歩容解析AI等を用いた次世代予防・健康づくり事業」が採択されました。

株式会社エクサウィザーズは、神戸市が市内での技術実証・実装を支援する「Be Smart KOBE」プロジェクトで公募する令和2年度Be Smart KOBEプロジェクト~「先進」都市神戸が目指す「Human×Smart」な都市づくり~に応募し、テーマ「データ利活用」において、「歩容解析AI等を用いた次世代予防・健康づくり事業」が採択されました。

☑︎選定理由
書面審査および提案審査会におけるプレゼンテーションに基づく選考により、「事業の効果」、「事業の先駆性・適格性」、「事業の実現可能性・継続性」、「業務遂行能力」、「地域性」の総合的な評価から採択されました。

☑︎歩容解析AI等を用いた次世代予防・健康づくり事業について
コロナ禍において人との接触や移動が制限される中、運動不足に伴う様々な健康問題が課題となっています。
本事業では、AIによる歩く姿の分析や、理学療法士から運動に関する個別アドバイスを誰もが非対面でもらえるスマホアプリ「ケアコチ」を用いて、一人ひとりの身体機能を見える化し、運動に関する行動変容促進の実証を実施します。これにより、神戸市民の運動や身体活動に対する意識やモチベーションの向上と、行動変容に伴う健康増進や介護予防等の推進を図ります。

▷Be Smart Kobe 令和2年度採択事業者選定結果について