2022.11.22 リリース

エクサウィザーズ、AIによるエクササイズ動画解析技術の特許を取得 ~ユーザーの骨格情報をAIが特徴量に変換し、プロ目線のエクササイズの定量評価が可能に~

AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組む株式会社エクサウィザーズ(東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下、エクサウィザーズ)は、AIによるエクササイズ動画の解析技術について特許を取得しました。

  この度特許を取得したAIによる動画解析技術は、ユーザーの骨格情報を抽出し、前屈動作を層別化すると共に前屈時の背中の曲げ具合を判定するというエクサウィザーズ独自の技術です。本技術は、運動の速度や回数といった定量的な評価ではなく、運動中の姿勢の良し悪しといった人間のトレーナーが行うような定性的な評価を動画から自動で行うことができます。
 本技術によって、プロのトレーナーが持つ「理想的なエクササイズ」の評価基準を機械学習技術(Pose Estimation)を用いて実装可能なアルゴリズムに落とし込み、定量評価を自動で行うことが可能になります。この点が他の動画解析技術との差別化要因になっています。

☑︎本技術の概要
 本特許は、エクササイズ・リハビリ動作で重要となる前屈時の背中の動きを、Pose Estimationによって取得できる骨格座標の位置関係によって近似的に評価することを目的とした技術です。
具体的には、一般的なPose Estimationによって取得できる17箇所の骨格座標のうち、「背中の動き」に関係のある肩、腰の座標点を利用し、2点間の距離の直立時と前屈動作時における比率を測定することで、前屈時の背中の動き具合を定量評価することができます。

  加えて、直立時の体幹から前屈動作時の肩までの距離の時間変化率を計算することで、前屈の各動作範囲(①:前屈時、②:前屈姿勢維持、③:起き上がり)を自動的に分割することが可能となります。
従来のPose Estimationによる行動認識は、骨格座標情報をそのまま特徴量として入力し予測・分類を行うケースが多く、予測結果の可読性が低いことが課題となっていました。
本特許では骨格座標を、着目する部位の距離といった人間が解釈しやすい特徴量に変換しています。これによりPose Estimationによって抽出された骨格座標が人間にとって意味のある情報となり、実際の動作指導の際に現場のトレーナーが活用しやすいものになっています。

☑︎想定するユースケース 
 この独自の動画解析技術は、スポーツやエクササイズ業界、ひいては医療・介護・ヘルスケア領域での様々なシーンでの活用が期待されており、①トレーニングジム・ピラティス・ヨガスタジオでの姿勢解析、②スポーツでの動作解析、③医療、介護施設でのご利用者様の歩行状態の把握などでの活用が想定されます。
  この動画解析技術に限らず、エクサウィザーズは、クライアント独自のデータに応じた動画解析技術を開発し、オリジナルのサービスを開発・提供することが可能です。

☑︎特許概要
・特許番号 特許第7169718号
・登録日 2022/11/2
・特許権者 株式会社エクサウィザーズ

☑エクサウィザーズのオープンイノベーションについて
  エクサウィザーズは、パテントポートフォリオを積極的に構築・活用することにより、外部パートナーと協同してオープンイノベーションを推進することに注力しています。これまでのプロジェクトで生まれたAIモデル、アルゴリズム、ソフトウェア、UI、ノウハウ、特許などを当社の資産として蓄積し、外部パートナーとの新たなプロジェクトの創出に活用しています。 特に、当社独自の特許技術を活用したプロジェクトは、当社ならではの高い付加価値を提供し、パートナーから高い評価を得ています。

エクサウィザーズのオープンイノベーションについてはこちらをご覧ください
https://exawizards.com/intellectual-property?utm_campaign=%22&F8&%22&utm_source=%22&E8


【株式会社エクサウィザーズ 会社概要】
会社名 :株式会社エクサウィザーズ
所在地 :東京都港区東新橋1丁目9−2 汐留住友ビル 21階
設立  :2016年2月
代表者 :代表取締役社長 石山 洸
事業内容:AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決
URL  :https://exawizards.com/