2019.10.08 お知らせ

NEDO公募事業にて「マルチモーダルAI技術を用いた業界横断型AIシステムの事業開発」が採択されました。

株式会社エクサウィザーズは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する2019年度「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に応募し、テーマ「業界横断型AIシステムの開発」において、「マルチモーダルAI技術を用いた業界横断型AIシステムの事業開発」が採択されました。

ロボット産業は、少子高齢化による労働力の減少・作業負荷の増大への対応や、製品・サービスの質や生産性の更なる向上の必要性から成長が期待されています。

当社は、マルチモーダルAI技術によりロボットの自律動作に必要不可欠な機能を広く提供していきます。