2020.05.11 リリース

6割の企業が「新型コロナの会社への影響は1年以上続く」
業務のリモート化は進むが「本格的なDX推進・AI活用は2割」にとどまる
〜115社157名回答 新型コロナに関するアンケート結果〜

 株式会社エクサウィザーズ(東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下、エクサウィザーズ)は、同社が運営する「exaCommunity」(以下、エクサコミュニティ)のオンラインAIセミナー参加企業を対象にした新型コロナに関するアンケートを4月22日(水)に実施し、115社157名から回答を得ました。

 コロナの影響がどの程度続くかとの質問に対して、最も回答が多かったのは「2020年12月まで」で全体の33.8%となりました。次に多かったのが、「2021年6月まで」と「2021年12月まで」でそれぞれ21.7%となっています。全体としては、2021年以降(今後1年以上)影響が続くと回答された方が全体の59.9%を占めており、Withコロナは長期戦になるとの認識が広まっていることが分かります。

 Withコロナとして新たに始めたことについては、50%以上の会社が「社外・社内会議のリモート化」を挙げていました。一方、「新規デジタルプロダクト立案・実行」「ビッグデータ解析・AI活用」「高度なDX」といった施策については20%以下の回答がほとんどとなっています。緊急事態宣言により業務のリモート化が半ば強制的にスタートする中、本格的なDX推進やAI活用などの施策まではまだ手が回っていないという傾向が見られます。

 アフターコロナに向けた取組については、65%の会社が働き方の再設計(リモートワーク全面導入)を挙げており、緊急事態宣言により始まったリモートワークがこのまま定着する流れが見て取れます。その他の施策については、コスト削減や既存事業最適化といった「守り」の策よりも、新規事業開発やDXなどの「攻め」の策を挙げる会社が多いという結果となっています。 

集計対象:DX推進やAI導入を実施中もしくは検討中の企業115社157名
集計日:2020年4月22日(水)


☑️アフターコロナ時代に向けたAI導入&DX推進オンラインワークショップ開催中
 エクサコミュニティは、AI利活用を推進する法人向け会員サービスとして、AIのビジネス活用実例レポート、AI学習動画コンテンツ、オフラインイベントやイベントレポートを通じて、AI利活用による産業課題解決や新規事業創出を目指す法人やその担当者の活動を支援しています。

 昨今の新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、オフラインイベントの開催をオンライン開催に変更するほか、AI学習ができる動画コンテンツや記事の拡充を実施。在宅勤務を導入している企業でも積極的にAIを学べるよう、今後もより一層オンラインコンテンツを拡充していきます。

 また、「アフターコロナに向け自社が直面している課題は何か?」「どう変革を進めるか?」を支援するAI導入&DX推進オンラインワークショップも会員向けに無料開催中。「経営戦略の見直し」「DXによる既存事業強化」「新規事業機会の収益化」の3種類のテーマを用意し、企業内のキーメンバーを集めた議論による認識共有化と、年間100案件超のAI導入をしているエクサウィザーズによる事例調査や知見提供で支援をします。

▽エクサコミュニティ サービス概要
内容:AI利活用を推進する法人向け会員サービス(有料)
年会費:15万円(税抜)※1申込みにつき5IDを発行(=5人同時アクセス可能)
URL:  https://community.exawizards.com/
登録お申し込み:https://community.exawizards.com/entry/

▽動画コンテンツ例
『雇用の未来』著者 マイケル・A・オズボーン教授登壇イベント 動画配信
「AI時代を生き抜く!大人が身につけるべきFuture Skill​」
サンプル視聴:https://community.exawizards.com/member/yomoyama/sample_001/

▽オンラインイベント例
エクサウィザーズ代表・石山洸 オンラインAIセミナー配信
「エクサコミュニティ特別講座:DXの教科書」(全5回)
サンプル視聴:https://community.exawizards.com/member/yomoyama/sample_002/

【株式会社エクサウィザーズ 会社概要】
会社名:株式会社エクサウィザーズ
所在地:東京都港区東京都港区浜松町1丁目18-16 住友浜松町ビル5階
設立:2016年2月
代表者:代表取締役社長 石山 洸
事業内容 :AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決
URL:https://exawizards.com/

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社エクサウィザーズ 広報部 
メール:publicrelations@exwzd.com