AI Platform

Industries / エネルギー

エネルギー業界では、各社の戦略規定に国の政策が影響しますが、直近の政策トレンドは、電力自由化による競争環境変化とCO2削減に向けたエネルギーミックス最適化の2つとなっています。
従来は発電・送配電・販売を1社が担ってきましたが、電力自由化により構造が大きく変化し、機能特化のプレイヤーも現れました。販売事業ではシェア獲得競争、発電事業では石炭火力廃止・再エネ・原発再稼働への追加コストが発生し、大手事業者にとっては収益性悪化のリスクが高くなっています。短期では収益構造を改善し、中長期への投資原資を創出する必要があり、販売事業におけるサービスメニューの開発・顧客体験の提供、発電事業における発電効率の改善、また、送配電事業における保守点検等オペレーション効率向上のほか、中長期では再エネ比率を高め、分散電源を組込んだ制御へと高度化するなど、電力大手各社を中心に取組み始めています。

Point Of View

エクサウィザーズの視点

エクサウィザーズでは、政策トレンドの変化の中での持続的な成長のための技術活用を志向しています。
①従来システムのデータ・環境要因・ベテランのノウハウ等のアルゴリズムを利用した電力供給のスマート化による既存オペレーションの生産性向上、
②節電提案・CO2可視化/削減提案といった顧客データの高度利用によるUXの向上、
③環境センサーを通じた再エネの発電効率化・分散型電源の発電予測による需給最適化等を機能として持つ分散電源の制御・ネットワーク最適化、
④発電設備保守点検サービスのBtoB展開・地域の生活プラットフォームへの展開など既存アセットを活用したデジタル化による新規事業R&Dの加速、といった4つの視点で本領域の社会的な課題解決取り組んでいます。